魚のまち、氷見。そこから発信する海あり、山ありなスローな日々。


by tsuriya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:plants( 13 )

c0146523_1027231.jpg
晴れ

4月20日に植えたシャルドネがこんなに大きくなってきました。
この写真は5月21日の日記に掲載した株です。
茎も緑から赤紫になって色濃くなって木っぽくなってきています。
葉も大きくなり、脇から芽も出始めてます。
蔓もぐるんぐるん元気いっぱいです。

c0146523_10224141.jpg

一方こちらは野生のブドウ。秋にノブドウが実を付けていた場所に生えているので、ノブドウの若葉だと思います。花も付け始めていますね。ノブドウは食べられませんが、青や紫の実がターコイズのようでとてもきれいです。

ほかにも、1日、2日目を離すといろんな花が咲き始めてきます。
c0146523_10222768.jpg
▲こちらはスイカズラ。花弁が特徴的なのですぐにわかります。そういえば『神の雫』に出てきたワインにスイカズラの香りという表現がありましたね。

c0146523_1024359.jpg
▲ウツボグサです。ちょっとラベンダーに似ていて、濃い紫が周囲のグリーンに映えて鮮やかです。
[PR]
by tsuriya | 2008-06-12 10:27 | plants

ワイルド・フルーツ。

c0146523_1021033.jpg
晴れ

農園がある山は野生の果物の宝庫だったりします。
栽培品種と違ってたくさんとれるわけでも、実が大きいわけでもないのですが季節や豊かな自然環境の存在を感じさせてくれます。

果物が実る植物は実がなる前に花も楽しめ、野生の果物は野鳥などに見つけてもらいやすいように濃い緑の中でも映える色をしているので何度も楽しめます。もちろん、食用にできるものもありますしね。

しかも、田舎育ちの私でも初めて体験する野生の果実が結構みつかるので、農園周辺の野草観察はとても面白い。将来的には子どもたちのための観察会なんかを企画できたら楽しいなーと思ってます。

この写真は山桜のサクランボです。小指の先より小さな実ですが、食べてみたら果肉は薄いけれど甘酸っぱくて、そこそこ美味しかったです。とても小さな青リンゴを食べたような感じかな。もっと熟すと甘みが増すと思いますが、このぐらいの色がとてもキレイです。

続いてはクマイチゴ。この野生のキイチゴも初めて見た品種です。ようやく果肉がついて赤く熟した実を1つだけ発見できました。
c0146523_1015964.jpg
もしかしたら子どもの頃に遊んでいた野山でも生えていたかもしれませんが、定期的に同じ場所に通っていなけいとタイミングを逃してしまい、花も実も見逃してしまっていた可能性は大きいです。そのくらい時間経過による変化はめまぐるしいのだと最近とても感じます。
[PR]
by tsuriya | 2008-06-11 15:03 | plants

果樹の育て方。

晴れ

結局、本屋さんで『失敗しない果樹の育て方』という本を買ってしまいました(笑。
何冊か見比べて選んだのですが、いろんな果樹がのっていて面白いです。
アブラムシ退治に牛乳の散布がいいというのも初めて知りました。

先日、農園内の薮に自生しているカキに花が咲いていたのをみたときに
2種類あるのは何でだろ?見間違い?と思っていたのが
ぱらぱらとページをめくっていたら答えを発見。
単に雄花と雌花が存在することを理解していなかっただけで
見慣れた果樹のはずでも、今までちゃんと見てこなかったもんだなと反省。
c0146523_106241.jpg
   ▲柿の雄花
c0146523_1085141.jpg
   ▲柿の雌花

ヤマグワもそろそろ熟し始めました。山の植物は丈夫なので挿し木をしたらクワも育ちそうですね。葉っぱがかわいいので鉢植えにしても素敵そう。
c0146523_1011553.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-06-08 18:06 | plants

サクランボ。

桜の木に実ができてます。
色鮮やかな赤。
軸まで真っ赤です。
自然に生えていた山桜なので
これから黒く色づいていくでしょう。
c0146523_15483251.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-06-04 15:47 | plants

モミジイチゴ。

キイチゴことモミジイチゴもオレンジ色に熟しました。
このイチゴも一大群生地があるのですが、斜面をはうように木が生えているのと、
薮になっているためにあまりキレイに実がついていないものも多かった。
採集したオレンジの実は取りやすい下草もない場所のもの。
このキイチゴは子どもの頃から食べ慣れた種類で、甘くて美味しいです。
c0146523_1655990.jpg
c0146523_16553148.jpg

        ↑この花がこの実をつけました↑
c0146523_17153078.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-05-26 17:01 | plants

ナワシロイチゴ。

ナワシロイチゴは今ようやく花を咲かせたところ。
ピンク色の花なので識別もしやすい野生のイチゴです。
ナワシロイチゴは日当りのいい場所に生えていて、
葉っぱや花に特徴もあって見つけやすい。
c0146523_16531732.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-05-26 17:01 | plants

クサイチゴ。

クサイチゴが真っ赤に熟しました。
大きな実は直径1.5〜2cmもありました。
味見の結果はとても甘く、初めて食べましたが確実にクサイチゴでしょう。
ただ最大の群生地の草刈りが行われていて、
クサイチゴも一緒に刈られてしまいました(しかも食べた痕跡も!?)。
もう1週間ほど後なら先にジャムを作れるくらいは収穫できたのに、残念。
c0146523_16532753.jpg
c0146523_1658587.jpg

              ↑この花がこんな実をつけました↑
c0146523_1795626.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-05-26 16:54 | plants

キイチゴ。

4月3日(木) 曇りのち晴れ

枝ぶりから目をつけていたトゲのある木に白い花がつきました。
野生のキイチゴです。

花と葉の形からモミジイチゴかな?と見当をつけているのですが、
葉が開いて、実がなって、味見もして確認したいと思います。
美味しいイチゴならいいな。
c0146523_1074920.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-04-03 17:53 | plants
雨のち曇り

今日から4月、新年度のスタート。
春だけど少し肌寒い一日。一時的に雨が降ったりもあったけれど、午後からは時々晴れ間も。風が強くて雑木林の枝がわさわさ揺れて、ゴーっという風の音が響いていた。

午後から農園にいってみると「みんな乗れるように」とのことで、ケンタロウさんとテツヤさんがトラクターの講習を受けていました。魚市場の方でフォークリフトやトラックも運転しているので飲み込みがいいので、あとは慣れだけのようです。農業やるには機械に強くなくてはいけないんですね。肥料も科学なので、農業は理系&体育会系な感じがしますね。

畑仕事をしているとトラクターはすごく揺れるそうで、たまに振動で留め金が外れたりするため時々閉めてやらなくてはいけないらしい。しかも、畑はゆるやかな傾斜があるので乗ってると体も微妙に傾いているんだとか。


雑木林の探検もいつもより奥まで足を踏み入れてみたら、山桜が咲いているのを発見。背丈は2mもない小さな木ですが、いくつも花を付けていました。小さな一重の花と蕾がとても可憐でした。
c0146523_929346.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-04-01 18:56 | plants

春にもキノコ。

小雨

昨夜からの雨で肌寒い一日。
桜並木にとりつけられたボンボリが春を待ちわびているよう。

桜の枝に膨らみわ見えるけれど、まだ開花には早すぎる感じ。
しかし着実に芽吹きの季節が来ています。
山の樹々も然り。

今まで何となくしかみていなかった樹々や草花を観察しはじめると
いろいろな発見があって面白い。

松ぼっくりのような実ができているけれど広葉樹だったり。
春だけど沢山のキノコが生えてたり。
葉っぱが全部落ちた木に、一部だけ葉が生えているのがヤドリ木だと気づいたり。
とっくにツクシが出ていたのには自分のぼんやり加減にハッとしたり。

里山&雑木林はとっても面白い。
c0146523_13283133.jpg

▲カワラタケ  雑木林の倒木にびっしり。
c0146523_13285131.jpg

[PR]
by tsuriya | 2008-03-29 13:26 | plants